記事一覧

美肌神話から目を覚ます②

生まれながらの細胞の個体差は、ご本人にはどうすることもできません。ご両親が老人性色素斑をたくさん持っていれば、そのお子さんもシミができやすくなります。スキンケアに一生懸命取り組んで食い止めたとしても、他の人と比べてシミができやすい体質であることに変わりはありません。ひとりひとり肌の細胞の状態は異なっているにも関わらず、肌の構造が同じというだけで、すべての人の肌を同じ方法で美肌にできると思うのは、おかしくはないですか? こんな話をしたところ、ある女性から、「共通のスキンケアで美肌は実現できないとおっしゃいますが、みなさんスキンケアの方法として保湿をすすめています。

たったひとつの保湿によるスキンケアも、みんなに共通した方法であり、個別のスキンケアとは異なると思うのですが」との質問を受けました。ここでスキンケアについて改めて申し上げます。スキンケアのために、高価な美容液を使用したとしても、老化に関係したシミを消すことはできません。食事を与えるかのごとく細胞に直接栄養分を補給することも難しい。つまり、肌の奥の細胞へ直接働き掛けて老化を食い止めることは、化粧品や医薬部外品ではできないのです。

では、細胞の老化を食い止めるために、肌の表面からどのようにアプローチすればよいのか。その唯一の方法が、「保湿」なのです。保湿によって肌の表面を保護すると、外からの刺激によるダメージを受けることを防ぐだけでなく、傷ついた細胞は修復するチャンスを得ることになります。細胞が健康な状態になれば、細胞の老化を防ぐことにもつながるのです。そして、保湿の方法は人それぞれ違ってきます。肌が乾燥している人は、こまめに保湿を心掛ける必要があります。どのくらいの化粧品の量と、何回保湿をするかは、その人の肌の状態によって変わってきます。

そのバロメーターのために、誰もが共通する美肌の感触を思い出していただきたい。ご自身の肌を毎日手のひらで触っていると、「今日はモチモチしている」「ちょっとカサついている」などの変化はわかるはずです。その肌の状態に合わせて、保湿をしていただきたいのです。「保湿」という言葉はひとつでも、肌を守るための保湿の方法には個人差があります。その個人差こそが、スキンケアには大切であることを知っていただきたいのです。他人がいいといった方法が、必ずしもみなさんの肌にいいとは限らない。ご自身に合った保湿の方法を見つけていただきたいと思います。