記事一覧

美肌神話から目を覚ます①

突然ですが、みなさんは、どんな異性の顔がお好みですか? 目が大きい、口が小さい、鼻が高い、眉毛が太い、頬骨がほどよく出ている。顔のひとつひとつのパーツを見ても、好みはさまざまです。目鼻立ちの好みは人それぞれですが、肌の状態についてはどうですか? 手のひらで他人に触れたときに、ガサガサして弾力のない肌と、しっとりとしてモチモチとした肌では、後者に軍配が上がるでしょう。年齢に関係なく、キレイな肌に対する好みは、全ての人に共通していると思います。美肌に対する好みが共通の上に、肌の基本構造もみな同じ。ならば、スキンケアの方法さえ間違えなければ誰でも美肌を実現できる。そう思う人はいるはずです。

シミやシワが気になり始めた頃に、スキンケアや顔のマッサージなどで「美肌」を実現している人を見たら、同じ方法を実践してみたいと思いませんか? ところが、その人と同じ方法を実行しても、シミやシワは消えない。キレイな肌のイメージは共通しているゆえに、他人から見ても自分の肌は衰えていると思われる。考えただけでもため息が出そうです。手を抜いたわけではなく、最新の方法も実践している。だけど、肌の衰えは隠せない。みなさんの努力が報われないことに、私は心が痛みます。高価な化粧品を買い、たくさんの時間を割き、それでも美肌を得られない。時間とお金が失われただけで、肌の状態は変わらないのですから。しかし、今日からのその努力を止めていただきたい。美肌神話から目を覚ましていただきたいのです。

どんなにお金と時間をかけても美肌が実現できないのは、方法こそが問題といえます。逆に、お金と時間が掛けられない方でも、方法さえ間違わなければ美肌を実現できます。「あの人と同じものを使って、同じ方法でスキンケアをしよう」という考えそのものを捨てていただきたいのです。肌の基本構造が同じといいましたが、人間には細胞の個体差があります。構造は同じでも細胞ひとつひとつの強度や寿命は人それぞれです。その差は、生まれたときから細胞の中の遺伝子で決まってきます。子どもの頃からソバカスができやすい人、肌の色が濃い人、あるいは、白い人、肌の弾力が弱い人、刺激を受けるとすぐに炎症を起こしてしまう人、それら全ては遺伝子が関係しているのです。