記事一覧

ピーリングのしすぎは禁物!②

一般的にニキビ防止やシミを取るための化粧品には、ごくわずかな酸しか入っていないため、健康な状態の肌であれば、使用しても問題は生じにくい。しかし、すでにダメージを受けている肌には悪影響を及ぼすことがあるのです。多くの女性は、毎日のようにお化粧をしています。化粧品には鉱物などが入っており、肌にとっては刺激物になるため、寝るときには洗顔して化粧品を落としているはずです。この洗顔中にも、肌の表面の古い角質層ははがれ落ちています。汗でも落ちにくい化粧品を使用している方はいますよね。それを落とすために、クレンジングと洗顔料を使い、指先や手のひらで何度も肌をこすり、何回も顔を水で流しているうちに、ピーリングした後のように肌の表面の角質層は失われていることがあるのです。

この状態で、今度は、ピーリング剤の入った石鹸などを用いたらどうなるでしょう。答えは簡単です。ピーリング剤が肌の表面だけでなく奥までダメージを与えてしまうのです。すでに女性の中には、「ピーリングの後に肌が赤くなった」「肌がヒリヒリ」としたなどの経験をされている方もいると思います。赤く炎症を起こし、ヒリヒリと痛いのは、肌の奥までダメージが及んでいる証でもあります。なぜならば、肌の表面の角質層には神経も血管も通っていないため、炎症を起こすことも痛みを感じることもあり得ないからです。つまり、痛みや赤みが生じたときには、角質層の下の肌の組織が炎症を起こしていることになるのです。肌の奥が炎症を起こすと、紫外線などの身体の外からの敵も侵入しやすくなるだけではありません。

不必要となったメラニン色素が身体の外に捨てられにくくなり、メラニン色素を生み出す色素細胞も、暴走を始めてどんどんメラニン色素を作るようなことも起こります。シミを消すはずのピーリングで、新たなシミを生み出してしまう。こんな状況は避けなければなりません。とはいえ、ピーリングも肌に合った方法で行えぼ、ニキビ痕も肌の表面近くに生じたシミも消すことができるため、美肌には役立ちます。ただ、無暗にピーリングを行って肌に悪影響を及ぼさないように注意していただきたいのです。ご自身でどう行えばいいかわからないときは、皮膚科の医師に相談してみてください。