記事一覧

あらゆるストレスを回避する②


ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー
ヴィトン シュプリーム 財布 コピー

色素細胞は神経細胞の一種のため、このようなストレスの悪影響から逃れることができません。色素細胞がダメージを受けると、肌の構造のスポンジの凹凸の形は崩れ、それがスポンジの上のハンカチの部分まで崩し、肌の表面のバリア機能も崩れやすくなります。結果として、肌はカサカサな状態になるのです。この段階で、ストレスを軽くして体内の緊急事態を解除し、正常な身体に戻れば肌の状
態も回復します。しかし、過度なストレスを抱えたままでは、肌の状態は悪化の一途をたどることになるのです。さらに、肌がアレルギー反応を起こすこともあります。肌の表面のバリア機能は、洗顔で強くゴシゴシとこすっただけでも簡単に破壊されます。

肌の表面には、目に見えない細菌がたくさんいますので、壊れたバリア機能から肌の奥へ細菌は入り込もうとします。それを防ごうと、肌にある毛細血管からは免疫細胞が集まってきます。ところが、ストレスによって免疫細胞もビリビリしていると、冷静な判断は下せません。1対1で退治できる相手に、1対100ほどの総力を挙げて挑もうとするのです。こうなると、身体は「かゆい」と脳に指令を出します。しかし、脳もストレスで神経伝達物質が上手く伝えられません。ほんの少しのかゆみでも、「とってもかゆい」と感じることがあるのです。そして、自然に指で肌を掻いてしまう。肌を掻くと、表皮のバリア機能はさらに破壊されていきます。そこにまたわずかな細菌が侵入し、免疫細胞は再び総力戦で挑む。

そんなことが繰り返されて、どんどん炎症が広がってしまうのです。こうなると、医療機関を受診して適切な薬を処方してもらうしかなくなります。このように、心的なストレスは肌にとってもよくありません。心的ストレスは、神経細胞の一種である色素細胞にも悪影響を与え、弾力やハリを失わせ、肌の組織の構造も崩れ、感染による湿疹などにも結び付くからです。美肌を考えるならば、心的ストレスをためないことがなによりです。しかし、ストレス過多といわれる時代。ストレスから逃れようと思っても難しい。でも、意識して逃れてほしいのです。

そのため、一般的にたくさんのストレス解消法が紹介されていますので、活用していただきたいと思います。大切なのは、ストレスの元凶となっている物事や人物を一瞬だけでも忘れることです。テレビ番組や音楽、ゲームでもOKです。ほんのわずかな時間でも、心的なストレスから解放されることが、肌の健康にも欠かせないのですから。忙しい毎日の中で、ストレス解消の時間を作るのが難しいと感じている方もいるかもしれませんが、ちょっとした時間でもくつろぐようにしましょう。

とはいえ、暴飲暴食や屋外での激しいスポーツは、肌の細胞にダメージを与えやすいので注意してくたさい。また、犬やネコとのふれあいが癒しになっている人もいますが、動物の毛に肌がアレルギー反応を起こすこともあります。 またお化粧をしている時間がお好きという方もいますが、それは肌への外的なストレスにつながります。心的ストレス発散のために、肌に外側からストレスを与えては、元も子もなくなってしまいます。美肌のためには、上手なストレス発散法を日常生活の中で見つけてください。