記事一覧

あらゆるストレスを回避する①

Supremeを正規品販売
日記 : supreme
Supremeアンテナ
Supreme(シュプリーム)専門店
Supreme Plus ブログ
supreme tシャツ
Supreme(シュプリーム)
Supreme
SUPREME公式オンライン
SUPREME2019
Supremeオンライン必勝法
supreme 通販
シュプリーム通販
supreme リュック
supreme リュック
Supreme のキャップ
Supreme Plus
シュプリームの通販
Supreme
シュプリーム キャップ
スーパーコピーシュプリーム
シュプリーム スーパーコピー
肌の大敵は紫外線だけではありません。ストレスも強敵です。ストレスというと心に受けるダメージを想像される方が多いと思いますが、紫外線のように身体が外部から受ける刺激、あるいは、重い荷物を持ったときに身体にかかる負担、さらには、騒音や温度差などもストレスになります。もちろん、人間にとってはある程度のストレスは必要です。重い荷物を持ち上げると筋肉にはストレスがかかりますが、そのおかげで筋肉の細胞は刺激を受けて増殖します。鍛えて筋肉にストレスを与え続ければ、均整のとれた肉体を手に入れられるはずです。しかし、過度なストレスは禁物です。

肌にとっては、紫外線や化粧品などの外的な要因のストレスだけでなく、心にダメージを与える心的なストレスからも、悪影響を受けるのです。職場で上司から無理難題を押し付けられて、気が滅入るときはあるでしょう。毎日、そんな状態が続くと気分は落ち込む一方。楽しいことが考えられずにイライラして夜も眠れない。翌朝、鏡を見ると目の下にはクマができている。スキンケアの化粧品を欠かしていないのに肌はカサカサ。こんな経験はありませんか? 強いストレスを感じると、脳の下垂体というところから「副腎皮質ホルモン」が出ます。この副腎皮質ホルモンは、心臓がドキドキして血圧が上がるなどすることで、身体への危険を知らせる役割を担っています。

その危険信号に影響を受ける代表は、自律神経です。自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの両極端な働きを持つ神経から成り立っていますが、心臓がドキドキする、血圧が上がることに関わっているのは交感神経です。危険を察知した交感神経が活発になると、汗もドッと流れる、あるいは、鳥肌が立つようなことも起こります。上司から叱られた人では、うつむき加減の顔が蒼白になることがあります。それは、交感神経の影響で血管が収縮した結果、血流が少なくなったためです。そして、心臓がドキドキして血流が増えると、今度は顔が真っ赤になっていきます。

さらに、ギュツと結んだこぶしの中では、汗がドッと出る。手に汗握る状態も、交感神経が関係しています。こうなるように仕向けているのが、副腎皮質ホルモンなのです。副腎皮質ホルモンは、強いストレスを受けたときに、緊急事態を知らせるだけではありません。警報のサイレンを鳴らした車がスピードを出しすぎてハンドル操作を誤り、歩道に乗り上げて街路樹を破壊するかのように暴走を始めるのです。脳の記憶に関与する海馬の神経細胞も破壊し、神経伝達物質が正しい指令を送ることを阻むなど、副腎皮質ホルモンは、神経系に悪影響を及ぼすのです。