記事一覧

紫外線への免疫をつける②

紫外線によって肌の細胞が破壊されると、赤い炎症になり、炎症を鎮めるためにリンパ球という免疫細胞が集まって水疱を作ります。熟した鍋を水で冷やすように、炎症を水分などで治そうとするのです。しかし、炎症が全身に及ぶと、まるで悪い細菌が体内で暴れ回ったときのように、全身の免疫機能がフル活動することになります。そして、発熱にも結び付くのです。サンバーンといわれるこの状態は、肌にとっては火傷と同じです。数日後に炎症が治まっても、破壊された肌の細胞が元に戻ることができなければ、細胞は欠落した状態になりシワも生じます。細胞分裂そのものも減少することで、メラニン色素は沈殿し、シミの原因にもなるのです。

サンバーンは、絶対に避けるべき日焼けです。一方で、もともと肌の色が濃い方は、UVカットのスキンクリームを塗って海水浴をしていると、肌の色がそれまでより濃くなっていることがあるはずです。肌に赤みや痛みといった炎症は見られません。ただ、色が濃くなっただけ。これは、色素細胞とそれが合成したメラノソーム、さらにはメラノソームから放出されたメラニン色素が、しっかりと防御機能を果たしている証になります。これをサンターンといいます。日焼けをするならば、サンバーンではなくサンターン。そのためには、日頃から弱い紫外線を浴びておくことがポイントになります。

つまり、弱い紫外線で肌を慣らしておくのです。春から真夏にかけての紫外線が強い時期には、日光浴は避けるべきですが、秋から冬にかけての紫外線の弱い時期には屋外での散歩やスポーツを短時間楽しむことも一考です。曇りの時期は特におすすめです。弱い紫外線で肌にほんの少し刺激を与えることで、肌を守ってくれる色素細胞も元気になります。そのときに、UVカットの化粧品や衣類、さらには、外出後に化粧を落とした後の肌の保湿はお忘れなく。弱い紫外線に当たるといっても、当たりすぎては肌にダメージを与えますのでご注意ください。ほどほどが肝心です。また、太陽光を浴びることで肌にアレルギー反応を起こしてしまう方もいます。

紫外線は免疫力を正常に戻すといいましたが、一方で、「光アレルギー」といって肌の炎症を引き起こすこともあるのです。肌に炎症があるときには日光浴は避けた方が無難といえます。「肌が少し焼けた気がする」という程度が「いい日焼け」です。紫外線を防ぐためには、肌を少しだけ紫外線に慣らしてください。真夏では、帽子や衣類、UVカットの化粧品を使っても、少しの日焼けは起こりやすい。真夏にはしっかりと紫外線対策をしつつ、紫外線が弱くなる時期には、少しだけ屋外で紫外線を浴びて、紫外線に対する免疫力をつけて、肌の健康に役立てていただきたいと思います。