記事一覧

紫外線への免疫をつける①

シミを気にする方にとって紫外線は大敵です。しかし、紫外線には思わぬ効用もあります。太陽光には、目で見える光の可視光線と、肉眼では見えない赤外線や紫外線があり、電磁波の波長の長さで分類されています。この波長を応用して、赤外線や紫外線を用いた医療機器が開発されて治療で使われているのです。紫外線は、細胞を破壊して遺伝子を損傷する破壊力がありますが、それを治療に応用することで暴走した免疫力を抑制することも知られています。その紫外線を応用した治療は、光線療法といい、免疫機能が関係しているアトピー性皮膚炎や乾癬など皮膚疾患では広く行われています。

紫外線は肌にとっては敵のはずなのに、肌の治療に役立つこともあるわけです。しかし、日焼けに関していえば、肌にとってはよくありません。医療機器のように波長を調整して必要な箇所に当てるといったことができないからです。紫外線は屋内にも入り込むほど至るところに存在していますが、真夏の海水浴ではその破壊力は強烈になります。よくあるパターンは、真夏の海水浴場で起こる真っ赤な日焼けです。UVカットのスキンクリームを塗っていても、海で泳いでいるうちに流れ落ち、気がついたときには全身が真っ赤になってしまう。これは単なる日焼けを通り越して、皮膚炎を起こしている状態です。人間の肌は紫外線の侵入を防ぐために色素細胞からメラニン色素を合成しています。

黄色人種や黒人は、メラニン色素が合成しやすい肌を持っているため、紫外線から身を守りやすいというメリットがあることを覚えていますか。お肌にメラニン色素があることは、決して悪いことではありません。ところが、日頃から紫外線を避けた生活をしていると、肌のメラニン色素は少なくなり、紫外線の侵入を許してしまいやすいのです。その結果、真っ赤な日焼けになり、これを「日光皮膚炎」といいます。メラニン色素の防御がない肌には、紫外線が肌の奥の細胞にまで到達します。肌の奥には、毛細血管が張り巡らされており、免疫機能が常にスタンバイしている状態です。そのため、紫外線によって肌の細胞が破壊されると、免疫細胞もいっせいに働き始めることになります。