記事一覧

紫外線とフリーラジカルのダブルダメージは避ける!②

防御反応を失った肌には、皮膚がんも生じやすくなります。人間の身体は、細胞の中にある遺伝子、すなわち設計図によって作られています。細胞分裂によって新しい細胞ができるのも、この設計図をもとにしています。紫外線はこのDNAも傷つけてしまうのです。いわば正常な設計図から誤った設計図に持ち替えた状態です。本来の細胞の役割を逸脱して、増えてはいけない場所で増殖し、他の細胞を破壊していきます。それががんです。スポーツを楽しむ人だけでなく、長年、屋外で作業をしている人の肌も、強い紫外線を浴び続けることにより、肌は弾力やハリを失いシワヤシミも増えやすい。そして、がんにも結び付くことがあるのです。

もうひとつ、激しい運動そのものも、肌の老化に関係しています。人間の身体を作っている細胞は、常に分子という物質を結合させたり離したりしています。そのとき必ずエネルギーが放出されます。木と木をこすり合わせると、木の炭素が空気中の酸素と反応することで、酸化して火が生じるのと同じです。ただし、定められた分子を結合して、離している分には、人間の細胞も火事には見舞われません。しかし、運動という細胞への負荷がかかったときに、火事が起こりやすい状態になるのです。細胞の中で、分子がくっついたり離れたりしているのは、電子という手を介して行っています。

磁石のマイナスとプラスのように、互いに求めあう電子同士はくっつきますが、マイナス同士やプラス同士では反発し合います。ところが、運動によってこの結合が外れやすくなってしまうのです。手を離してしまった分子は、手をつなぐために必死に相手を探します。大人しく別の相手が近づいてくるまで待っているようなことはしません。別のパートナーの相手まで奪って無理矢理結合しょうとするのです。このとき火事のようなエネルギーが生じますが、そのひとつを「フリーラジカル」といいます。フリーラジカルは、細胞にとっては火種のような存在で、コレステロールや中性脂肪を酸化させて「過酸化脂質」というやっかいな物質を生み出します。まさにこれが火の手。

過酸化脂質は、次々と細胞を破壊していきます。加えて、細胞の中の遺伝子を傷つける物質も生み出して、血管にもダメージを与えます。しかも、そんな火事は身体のどこで起きるかわかりません。肌の細胞でも生じる可能性があるのです。それを食い止めるには、フリーラジカルを防ぐことが必要であり、激しい運動も肌にとってはよくありません。もちろん、運動は、人間の長寿には欠かせない行為です。骨格や筋肉を鍛えることで老化に伴う運動機能の低下を防ぎ、脂肪を燃焼させて生活習慣痛を改善し、動脈硬化を防ぐことで心筋梗塞や脳梗塞の予防にもつながります。加えて、免疫機能を正常化に導き、脳にも好影響を与えるといわれているほど、全身の健康にとって運動は不可欠です。